※新人キャバ嬢にも人気のバイト。トークの練習にもなり、収入もアップ!


自分のことを覚えてもらおう!

キャバ嬢は仕事ですから、来てくれたお客さんを覚えてて当たり前とはよく言いますよね。
でも、お客さんが2度目以降にお店に来るのは目当ての女の子がいるからです。
あ、この人この間フリーでついたなーなんて思ってて隣の子が本指名で呼ばれた、なんてよくある話ですが、よく考えたら悔しくないですか?

 

慣れるまではあの子指名なんだ、へぇーくらいにしか思ってなかったんですが、フリーのお客さんの大切さが分かってからは自分が力不足といわれてるようでした。
辞めて数年経った今こうして振り返って、こういった情報を集めてもっと早く本気でやっていたら…と思っているのであなたもこうならないように今やっておきましょう。(笑)

 

さて、もちろんお客さんのニーズを察して応えられるのが1番です。
媚を売るような感じに見えてしまうかもしれませんが、いかにお客さんの話を聞いて、褒め、可愛い女性を演じられるかだと思います。
お店に来るお客さんたちは日頃感じているストレスを発散させる為に女の子に聞いて欲しい、癒してもらいたい、お店にいる間だけでも忘れたい!と思っているはず。
なので『お疲れ様の気持ちを込めた接客』を心掛けましょう。

 

補足するなら、「あなただけ」という感じの特別感が喜ばれると思いますよ!
例えば、名刺にアドレスが印刷されてるより、手書きで書いて更に宛名や一言までつけたら特別って感じしませんか?
そして、『今日はお話できて楽しかった』も外してない感じでいいと思いますが、
『話が弾んで凄く楽しかったです!また〇〇について語りましょう』
『時間が足りなくて残念です…次は〇〇のこと私も調べておきますね』
等の方があなたもお客さんの方も覚えやすいのではないでしょうか。

 

是非頭の片隅に入れてみてください(*^^)


 

 

ナチュラルデカ目盛りで愛され瞳に!