※新人キャバ嬢にも人気のバイト。トークの練習にもなり、収入もアップ!


連絡先交換のタイミング

名刺をお客さんの方から頂いた場合は便乗して交換できますよね?
ですが、特に名刺を渡されなかった場合、連絡先交換のタイミングはどうしましょう?
スーツ姿のお客さんが必ず名刺をくれるわけではありませんよね。

 

私は最初に渡していました。
「こんばんはー」と少し会話してから、「ちょっと名乗っただけじゃ覚えていただけませんよね。申し遅れました、○○と申します」という感じで、改めて名乗っていました。

 

少し話は逸れてしまいますが、別記事にもあった通り名刺は会話の話題になります。
あなたが名刺を作る時は名刺のデザイン、形、書体などに充分こだわってください。
目について、文字が見やすい物がおすすめです。
また、少し小さいサイズにしたり、ハート形などの名刺を選んでもいいと思います。
他の人の名刺と同じサイズだとあまり見返す事がなく、埋れてしまいがちです。
それに、男性は手荷物を嫌うので煙草の箱に名刺をしまう事が多いです。
普通の名刺は煙草の箱に入りません。
なので煙草の下に置いて、そのままテーブルに置き去りにして帰られてしまうケースが多々あります。
煙草の箱に入れてそのまま捨ててしまった、という場合もありますが、形が特徴的であれば覚えられやすいです。
それに名刺ケースに入れる際も他の名刺より小さいから、と1番前にいれて貰える可能性が高まります。

 

話を戻しますが、名刺を渡すタイミング、これはあなたがきっかけを作っていいと思います。
名刺を出して、「もし名刺お持ちなら交換しませんか?」と切り出してみたり、
「私○○っていいます。あなたの名前教えてください!」と名前を聞き出すきっかけにしてもいいですね。

 

フリーのお客さん相手には必ず渡した方がいいです。
自分の事を覚えて貰うためにも是非こだわって活用してください!!


 

 

ナチュラルデカ目盛りで愛され瞳に!